ボッチャ審判講習会(第5~10回)のご案内
2022/05/21
1.日 時  第5回  6月19日(日) 10:00~12:00
       第6回  7月 3日(日) 10:00~12:00
       第7回  7月 9日(土) 18:00~20:00
       第8回  7月17日(土) 18:00~20:00
       第9回  7月23日(土) 18:00~20:00
       第10回 7月30日(土) 18:00~20:00

2.会 場  京都市障害者スポーツセンター(京都市左京区高野玉岡町5)

3.対 象   ボッチャのルールについて学び、今後京都府内において大会の審判員等
       ボッチャ競技に関わる希望のある者


4.定 員  20名 *先着順で受付、定員に達し次第締め切ります。

5.受講料  1回500円 *京都ボッチャ協会会員は無料です。

6.申込方法 電話かメールで①氏名、②住所、③連絡先(メール、電話番号)
       をお知らせください。

7.申込先  一般社団法人 京都障害者スポーツ振興会
          TEL 075-712-7010
          Emai kyoto@spo-shin.net

*詳しくは、別紙実施要項をご覧ください。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe® Reader」が必要です。お使いのパソコンにインストールしていない場合は、左のアイコンから無料でダウンロードできます。
第42回全京都障害者総合スポーツ大会について
2022/05/21
第42回全京都障害者総合スポーツ大会について(お知らせ)

令和4年度全京都障害者総合スポーツ大会を開催します。
日程は開催要綱をご覧ください。
なお、卓球バレー大会、卓球大会、水泳大会実施要項は本ホームページ「大会案内」に掲載しましたのでお知します。

「大会案内」はこちらをクリック➡  spo-shin.net/taikai/



Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe® Reader」が必要です。お使いのパソコンにインストールしていない場合は、左のアイコンから無料でダウンロードできます。
つどい再開について
2022/05/07

2022年5月7日

障害者スポーツのつどい(島津アリーナ京都「京都府立体育館」)再開します。


 お待たせしました。2年数か月ぶりにつどいが再開されます。3月29日に府立体育館が再開し、つどいは6月12日にテストオープンしますが、本格オープンは7月10日からとなります。まだ、コロナが無くなったわけではありませんが、密を避けるために当分の間はのような形で開催します。


1.    参加を事前申し込み制にすること

2.    1部(14時~15時)・2部(1530分~1630分)の入れ替え制にすること

3.    定員を設けること(定員は1部・Ⅱ部とも30名)


【申込用紙】次のいずれかの方法で手に入れてください。

    島津アリーナ京都(京都府立体育館)事務室に取りに行く

    京都市障害者スポーツセンター2階「スポーツ振興会事務室」に取りに行く 

    下のpdf版またはワード版をクリックしてダウンロード


【申込期間】(申込期間以前のものは受け付けません)

つ  ど  い

申 込 期 間

参加連絡

7月つどい(7月10日)

6月1日から6月10日

6月18日

8月つどい(8月14日)

7月1日から7月  8日

7月16日

9月つどい(9月11日)

8月1日から8月12日

8月20日

・参加の可否は連絡します。 


【申込方法】FAX・メール・郵送のいずれか

<参加申し込み・お問い合わせ>一般社団法人京都障害者スポーツ振興会 

電話:075-712-7010 FAX075-712-7015  メール:kyoto@spo-shin.net

606-8106京都市左京区高野玉岡町5番地 京都市障害者スポーツセンター内


※詳しくはPDFファイルをご覧ください。

 

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe® Reader」が必要です。お使いのパソコンにインストールしていない場合は、左のアイコンから無料でダウンロードできます。
「ボーダレスボッチャ交流会」を開催します。
2022/04/07
「ボーダレスボッチャ交流会」を開催いたします。4月16日(土)午前の部と午後の部の二部制です。
 この2年間、小・中学校での授業、高齢の方々・障がいのある方や無い方などに対して、講習会や体験会を実施させていただく中で、ボッチャ経験者が増加してきましたが、それぞれの場からの広がりまでにはまだできていません。《点から線へ、線から面へと》“みんなが”交流して繋がっていく場が生まれていくようにしたいと思っています。
 府民総体でのボッチャ大会も開催いたしますので、各市町村や各地域でボッチャで交流できる場が生まれていくことを目指したいと思っています。そこで、今回は「株式会社ジェイ・エス・ビー」様の協力を得て、「ボーダレスボッチャ交流会」を開催させていただきます。大会ではないので、ボッチャを楽しもうと集まった人たちの、出逢いと繋がりの場が創出できればと思っています。ここから、また新しい何かか生まれるはずです。
テキストの画像のようです
2022(令和4)年度を迎えて事務局からひと言
2022/04/01

京都障害者スポーツ振興会は、1971(昭和46)年11月29日に全国で5番目の障がいのある人々のスポーツ活動を支援する任意団体として誕生し、昨年50周年を迎えました。また、2017(平成29)年4月3日付けで一般社団法人京都障害者スポーツ振興会として、新たなスタートを切って5年が経過しました。

昨年度も、新型コロナウイルス感染拡大に伴い緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令されるなど、新型コロナウイルス感染拡大が収束することが見込めない状況が続いています。このような中、新型コロナワクチンの3回目接種も進み新しい生活様式に合った感染予防策により、イベント等の開催については、一定緩和されるなどの状況が見られます。一方感染予防の観点からスポーツ施設での人数制限の継続や各種のイベントが中止されるなど、厳しい状況が続いています。

振興会の事業もパラスポーツの原点である「障害者スポーツのつどい」を初め「全国車いす駅伝競走大会」など多くの事業が中止や開催内容変更などを余儀なくされました。

スポーツをする機会が制限される中、大会主管競技団体と徹底した感染予防策を取りながら全京都障害者総合スポーツ大会は緊急事態宣言中(8月20日~9月30日)の陸上競技大会(9/12)及びアーチェリー大会(9/19)を除く5競技の大会を終えることができました。

新型コロナウイルス感染の収束が見込めない中、引き続き新型コロナウイルス感染予防策を実行し、パラスポーツの普及、振興に取り組んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


  一般社団法人 京都障害者スポーツ振興会 事務局(中村芳道・井川善博)

1ページ/14ページ